スキップしてメイン コンテンツに移動

【FRAGRANCE17】CHANEL No5




シャネル・・・どれだけの女性の夢を運んだ小箱か。香りが好きとか嫌いとか関係なく、もうシャネルの五番といえば、伝説の香りだし、知らない人はいないくらい有名。

この強いアルデハイディックな香りは「PTAのお化粧のにおい」として、こどもにはあんまり好かれないかも。でも、こうして改めて、ムエットにとってみたり、自分の手首にちょっとだけつけてみると、シャネルとボーさんのコンビは本当にすごいなと思う。

時代も手伝って、この香水は売れに売れて(戦争のとき、香料を確保するのが大変だったらしい)フランスから世界中に渡った。

この香水には、あまりにも様々なストーリーがありすぎる。

調香はエルネストボー。
Ernest Beaux (1881-1961) 1921年の作品。

アルデハイド、ローズにジャスミン、イランイラン、パウダーリー(たぶん、オリスルートなど)。
フローラルアルデハイド。

コメント

このブログの人気の投稿

ガルバナムの香りの入っている香水

イザティス/ジバンシイ 1984
オーデュソワール/シスレー 1990
ヴァンヴェール/バルマン 1945
イヴォワール/バルマン 1979
NO.19/シャネル 1970

グリーンノートといわれる香りにはたいていこのガルバナムが影響している。
AOFのガルバナムはイランのもの。

ペルシアガルバナム。がつーんと鼻にくるグリーンの香り。

スターアニスの香りの入っている香水

とにかく、見た目がかわいい。星形で袋の中に種が入っている。

八角ともよばる。中華食材のお店にいくと売っている。タミフルの原料。インフルエンザになって子供がタミフルをのんだら異常行動を起こしてなんだか不安になったことを思い出した。

ジャズ/イヴサンローラン 1988
イプノーズオム/ランコム 2007
ジャガークラッシック/ジャガー2002
ミヤビマン/アナヤケ 2009